2010年09月22日

一般質問 答弁

質問詳細はこっち

1「公共的団体等の定義」

2「火災緊急放送等の非常災害の放送範囲」
3「西分保育所の入所児童募集」
4「保育所入所児童募集期間と広報」
5「学校等再編整備住民説明会の返答について」
6「廃校舎等の管理指導について」
7「施設利用等、各種書類の配布及び受付」

続きを読む
posted by 川崎やすふみ at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告

2010年09月13日

9月定例会用一般質問原稿

公共的団体等の定義

 町行政は町内にある各種の団体と密接な連携をとることにより、綾川町の進むべき道を、ともに考え実行していく大きな力の一つとなると思います。
 そこで地方自治法における「公共的団体等」の綾川町における定義を具体的にお答え下さい。


火災緊急放送等の非常災害の放送範囲

 以前、火災の放送が旧町で別となっており、たとえば、旧綾南地区の消防団の方が、旧綾上地区で滞在している場合、連絡が届かないといったことがありました。
 現在、放送の範囲は運用上どのようになっているのでしょうか?



西分保育所の入所児童募集

 住民のため、各地区で学校等再編整備の説明会を開いていただき、ありがとうございます。対話により、各種の有意義な提案や意見が出ていると思います。さて、その検討を行うにあたり、昨年の入所児童募集の日程を考えると、結論が出る前に、募集日程を終える可能性が高い。
 ここは一時的に計画を延期し、早急な募集日程の周知が必要であると思いますが、いかがお考えでしょうか?
 また、他の地区でも延期のお考えが現段階であるならば、明示していただきたい。


保育所入所児童募集期間と広報

 昨年の受付は広報を確認すると12月16日(水)〜17日(木)午前8時〜午後5時となっていました。受付が平日の5時までであり、共働きを前提としている保育所の募集受付期間としては不適当ではないかと思います。これに対する対策はあるのでしょうか?
 また、住民の皆様のお話を聞く限り、比較的人員が多く、あくまで見た目ではありますが窮屈に見える保育所がある中で、人員的に余裕がある保育所もあります。そういった保育所の人員の平坦化を図るお考えはあるでしょうか?昨年の広報の募集ページを見る限り、積極的な意志は読み取れませんでした。


学校等再編整備住民説明会の返答

 各地区で同じような質問が出ていまして、私も聞きましたが、明確な回答を得られていないように感じる地区も多かったので、この場をお借りし質問します。
 住民から意見を聞くこの説明会ですが、その検討した後に、再度の住民に対する直接の説明会は行われるのか否か?明確にYES/NOでお答えいただければと思います。


廃校舎等の管理指導

 町内の廃校舎の管理と貸し出している団体に対しての指導ですが、綾川町ではどのようにお考えでしょうか?
 廃校舎とはいえ、町の財産であり、それは住民の財産です。
 旧西分小学校ではトラブルがあったようですが、解決策をお知らせ下さい。
 また、他の町有施設での管理体制も徹底されているのでしょうか?お答え下さい。


施設利用等、各種書類の配布および受付

 たとえばの話、枌所や西分の住民が、地元の旧校舎を利用しようとする場合、滝宮の町役場まで出向く必要があり非常に不便で不合理です。
 各地には公民館もありますので、そちらでの受付業務はできないものでしょうか?
 受理に関しては後日の回答とするなど、工夫をすれば現状でも可能であると考えられます。
 また、オンライン化し、受付業務をそのまま公民館で行ったり、将来的には自宅で受け付けることも可能になると思います。
 申し込み書類の入手に関しては、すぐにでもWEBにて配布できると思います。
 様々な手法はあると思いますが、早急な対応は可能でしょうか?
posted by 川崎やすふみ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告

2010年06月25日

議会報告の重大な問題

これが、一般質問の内容について、答弁書をもらう前に記載した内容です。
http://blog.ayagawa.com/article/39103760.html

こちらに、質問原稿と、行政側の答弁書が記載されています。
http://blog.ayagawa.com/article/39146813.html

ぶっちゃけ、実際の議会の発言から答弁書に成る時点で、はしょられてる部分があります。
議会便りに載せる内容は、答弁書の範囲内っぽいです。
つまり、行政側が出す答弁書の範囲でしか、紙媒体の通知は出せないというからくりがあります。
意図した質問が返ってこなくとも、議員は紙には行政側の言い分を書くしかありません。

さらに、再質問に関して、答弁書は出されません。
答弁書は、発表者の原稿ですから、再質問は原稿なしですので、そうなります。

事実を列挙だけしておきます。
posted by 川崎やすふみ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告

ソース

私は町民の皆様を町政の主役とし、そうお約束してこの場所に立たせていただいています。
その精神に則り、私の最初の質問をさせていただきます。
 
学校等の統廃合について

教育現場では教育の質向上に日々努力しておられると思います。御礼申し上げます。
さて学校等再編整備の答申全文で示されているのは、それぞれの地域住民の声が反映されているとはいえない、ただ単純な教育施設の集約化ということになろうかと 思います。

少人数学級、教育が見直されている現状で、多人数での教育を施す結論を出した、具体的なプロセスの説明を示してい ただきたい。
 
また、生徒数あたりでの教職員数で、少人数教育とするならば、それに対して、綾川町としてどのようなビジョン、具体的計画を持っているのか、お聞かせいただきたい。
 
それから幼稚園としての教育、制度は、統合により事実上綾川町から無くなるようですが、それに対して、教育の町綾川町の教育委員会は保育所での教育について、どのような見解を持ち、教育を司る教育委員会として関わるつもりなのか、お聞かせいただきたい。
 
保育所の担当となる健康福祉課においては、幼稚園との制度面での差違を、保育所でどのように埋めるか、 また、利用者である町民の皆様に納得していただけるか、具体的なビジョン、計画を示していただきたい。
 
なお、幼保一元につい て国からは具体的な方針、ガイドラインは出されておらず、綾川町が性急に進める理由についてご説明下さい。
 

最後に、このような教育施設は、 地域の拠点としての役割を果たしています。
学校が無くなることで、住民のコミュニティ意識が薄れたり、町外に出ている人も、わざわざ学校がない地域へ帰ってくる可能性は低くなります。現実に、多くの若者にそのように言われました。
統合による効率化は理解できますが、効率一辺倒で破綻しか かっているのが今の日本です。
子どもは財産です。子どもは教育次第で無限の成長をします。
教育は国の根幹を成す政策です。

現在のところ、議会での審議、議決も行われておらず、その状態で答申案のみが一人歩きしているように感じます。
町民、町長、議会、担 当課が相互に慎重に議論する必要があると私は考えます。
説明を求めます。

 
------------------------------

情報化社会に向けて、綾川町の対応は?

平成23年度中に町全域で光ファイバー網が設置されることになり、県内の他市町とインフラ面では肩を並べます。
今後、綾川町は人の移住先、中小零細企業の進出先として、候補に上がることが出来るようになりました。
担当された皆様には、 御礼申し上げます。

では、そのような状況の中で綾川町では情報化にどのように対応していきますか?

たとえば、プリンター などで紙に印刷をするとします。
同じ動作でPDFファイルというパソコンや携帯電話などから参照可能なファイルを作成することが可能です。
ファイル化することにより、情報の共有が簡単にでき、分厚い紙の束を持ち歩く必要がありません。環境の面でも大きな貢献になると思います。
情報を調べる際も、検索機能を使うことにより、何千ページもの中から簡単に情報を引き出せます。
行政だけではなく、わたくし議員にいただくデータ も、電子化された物をあわせて配布いただければ、より効率的な活用が可能と思われます。

他にもUSTREAM(誰でも全世界に向けて無料 で動画中継を行えるWEBサイトです)などを活用すれば、動画中継なども簡単に今すぐ誰でも可能になっています。
町民の皆様へ、よりわかりやすい スタイルで情報をお知らせすることが可能です。
たとえば、今のこの会議も、中継しながら、録画しながら公開することが実質予算0円で可能です。
0 円でアメリカ大統領の就任式の公式中継と同じインフラのステージに立てます。

このように電子化された情報は、低コストで効率の良い物になります。

綾川町の情報化、またその活用についてお考えをお聞かせ下さい。

 
 続きを読む
posted by 川崎やすふみ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告

2010年06月23日

綾川町議会6月定例会

学校の統廃合や、幼保一元の話は多数の議員から一般質問が出ました。
私も、統廃合問題とそれに付随して幼保一元ついて質問しました。
他に、情報化と情報公開についても質問しました。

私の質問要旨は以下の通り続きを読む
posted by 川崎やすふみ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告