2009年10月31日

家庭の太陽光電力全量購入を/来年度からと菅氏

http://news.shikoku-np.co.jp/national/political/200910/20091031000223.htm

エネルギー依存や、環境に対して考える機会を設ける点において非常に有意義な話です。
ただし、この記事でも触れられていますが、パネルを買えない層への行政の支援が必要になります。
通常の半額程度の環境ローンなどを国が導入するべきではと思います。
また、香川はおおむね大丈夫なようですが、日照の少ない地域との地域格差も今後問題になってくると思います。

なんらかの環境係数を地域や日照レベルに応じて算出し、それを元に公平になるように電気料金を算出する必要が今後出てくると思われます。
posted by 川崎やすふみ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他時事