2013年02月06日

空屋対策について

先ほど21時ごろに起きた千疋の火災。
周辺の方の話では、誰も住んでいなかった模様。
けが人も出ていないようでした。
(注意 消防の発表ではなく、あくまで私が聞いた話です。正確には消防発表をお待ち下さい。)

空屋であると仮定して話を進めますが、このような空屋の管理に関して、町として何か出来ないかと考えています。
行政は民間には極力タッチしませんが、このような空屋は山間部はもちろん、昨今は綾川町の中心部にも点在しています。
空屋情報の仲立ち事業も進んでいるはずですが、並行して防災防犯面からの対策も求められることになると思います。
県内では多度津町で空屋等への強制代執行の条例が制定されています。

事故が起きてからでは遅いので、早めの対策が出来ればと思います。

すでにこの件に関しては一般質問済みです。
2011年9月議会
2.町内の廃墟等荒廃物件の保全管理
http://blog.ayagawa.com/article/47883734.html

その後どのようになっているか、再度質問してみるのもおもしろいかも知れません。
posted by 川崎やすふみ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62079146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック