2011年09月15日

2011年9月常任委員会、特別委員会 会期3日目終了

http://murase.blog.enjoy.jp/blog/2011/09/post-e392.html
村瀬議員。詳細な報告毎日お疲れ様です。
流れは上記サイトをどうぞ。


午前中は建設経済常任委員会があり、自分の所属委員会になります。
自分からは先日の12号台風に関して、農地災害の申請期間が約1週間と短いので、延長できないかと質問をしました。
県への報告もあり、延長は難しいとの答えでした。
併せて、代替わりなどによる、比較的若い農家で情報伝達に問題があるので、随時更新ができるようになった町ホームページでの告知について要望しました。
これについては検討していくとの答えでした。

昔から農業している方は、当たり前として知っているのです。
が、やはり知らない人は知りません。
知らない人に告知するには、重複しても繰り返し繰り返し告知するしかありません。
どんなにすばらしい告知方法でも、100%はないので、費用対効果を考えて、できることはするべきです。
ホームページ更新は即時に無償でできることなので、確実に実行して欲しいですね。


また、水道事業の広域化への質問が別議員よりあり、関連として、コストダウンの手法の一つに、他市で上下水道課の統合という手段もある旨の意見を述べました。

水道広域化とは、県水道による県下全体の水道事業の統合構想です。
自分としては、綾川町の水道事業には民間レベルから見ても破綻級の赤字はなく、赤字の平坦化が予想される広域化には慎重に対処するべきだという意見を持っています。
ここでも、人口問題の課題があり、町の発展が無ければ、今後の施設更新など考え広域化もやむなしです。

結局は人が住みたいと思う町造りを推進するしか解決策はありません。


昼から学校等再編整備調査特別委員会でした。

自分からは昭和地区保育所の新用地について、形状が鍵状でしたので、なぜなのか質問しました。
土地所有者の建設予定により、そのような形になっているとの回答でした。
保育所の利用上は問題ないという話です。

また、同昭和地区の統合の進め方に関して、質問しました。
並列的に進めるという事で理解しています。

なお保護者からアンケートをとった模様。結果は下記を参照してください。
http://ww4.enjoy.ne.jp/~murase/kosodatetyosa1.html
村瀬議員様。デジタル化お疲れ様でございます。


独り言
こういう議会資料をデジタルでつくって、アナログで配布して、またデジタルで起こす。
ものすごく無駄です。
デジタルでくださいと言ってもなかなかくれない場合が多いです(今回の資料については聞いていません。念のため。)
今後の課題です。
行政のデジタル化を進めないと手間というのは無料ではありませんから。
一事が万事。行政内でも似たようなことが起きている可能性もあります。

それから本会議場、および委員会室へのパソコン持ち込み解禁して欲しいです。
今時、紙とペンで会議するのはあまりにもです。
平安時代と変わりません。
posted by 川崎やすふみ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47933152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック