2010年02月26日

後援会方針

後援会の方針や、活動指針です。

・ボランティアによる活動
・法に触れなくとも、人として問題のある行動はしない
・興味のある人や、綾川町の未来を考える仲間を増やす

巷の噂では、町議になるために400万円から1000万円かかるらしいです(法律で決まっている最大額は220万余ですが・・・)。
いろいろな抜け道があるようです。
しかし、そんな抜け道ではなく、実質の額で100万円以内(車両を借りたりする額も、計上されます。無料で借りてもです。)を目標として、活動していきます。
とある議員さんからは、50万で抑えなさいとも言われました。

さて、この金額を目標とする理由ですが、単純です。
私たちの世代が、政治に参加するためのハードルを下げるためです。

32歳前後の私たちが、400万円から1000万円をぽんと用意できるかと言えば、ほとんどの人は無理と答えます。
そうなると、若者で政治に参加するのは、ほとんど無理と言うことになります。

でも、実際はそうではないはずです。
私たち、若者も政治には参加できるのです。
それは、小さな活動であっても政治なのです。

では、その中から、議員を目指そうという者が現れたときの町議のハードル400万超をどうするか?
ハードルそのものを下げればいいのです。
その為に、私たちは活動しています。
ハードルが下がることを証明するのが、私たちの第一歩です。

理想としては、幅広く、様々な世代の者が議会を運営するのが、一番理にかなっています。
この町に住んでいるのは、若者だけでも、お年寄りだけでもありません。
子供から、親、おじいちゃん、おばあちゃん、様々な世代が暮らしているのですから、その代表である者も、様々な世代である必要があると考えます。

一人一人の、未来への希望が、自覚となり、町を次代へ進めていく力になっていきます。
私たちは、この町を、子供や孫の世代に残す義務もあるのです。
そして、子が住みやすい町は、当然、私たちも住みやすい町になるのです。

ありがとうございます。
posted by 川崎やすふみ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動指針
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35618943
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック